戒名と宗教、宗派で違う戒名の文字 色々あります 家族葬札幌、自分葬の「フアミリーホール白石」

1月 15, 2018 in お墓・霊園, 北海道, 家族葬, 密葬, 日記, 死後の手続, 海洋散骨, 生前予約・生前契約, 自分葬, 葬儀, 葬儀のマナー

戒名と宗教、宗派で違う戒名の文字 色々あります

戒名には色々な戒名がありますが、この度は前回の戒名の中に、

宗教、宗派によって入る文字があります。

戒名を見るだけで、宗派、宗教の特徴がうかがえます。

但し全ての戒名に入っているわけではありませんので。

一般的な言い方をすれば、多く見受けられるのが。

日蓮宗などは、法号に「日」や「妙」字が入っています。

禅宗などは戒名に「空」字が入っています。

真言宗や天台宗などは、戒名の最初に「梵字」が入っています。

浄土真宗などは、法名に「釋」字が入り、女性の場合は「尼」の字が入ります。

浄土宗などは、戒名に「譽」字が入ります。

こう戒名を見ると、宗教、宗派が少し理解できたり、故人の

名前の文字を 一字入れたりします。

親から頂いた、名前はこの世の使用し、来世の名前は

戒名になるのですね。

あの世の門をくぐる時は、受付が有り・・・

六文銭が使えるのかな(印刷した紙のお札・・)

行った方が、帰ってきて報告を聞いたことがないので

想像に世界ですね。

こんな事を書くと、いろんなメッセージが来そうなので、これでやめます。

私の現職は、葬儀社なので・・・