北海道札幌市での湯灌・納棺「札幌市家族葬・直葬・小樽沖海洋散骨のフアミリーホール白石」

6月 14, 2019 in 北海道, 家族葬, 散骨, 日記, 海洋散骨, 自分葬, 葬儀

北海道札幌市での葬儀の湯灌・納棺

 一般的に多い死亡場所は、病院ですが、病院でも

ご遺体の清拭をしますが、

 葬儀の開始時刻の数時間前に、湯灌をし、

柩に収める納棺の儀式を行います。

地域によってやり方は違うようですが、北海道の

各地では、ご遺体をアルコールなどで
清拭し、経帷子などに着せ替えます。

以前は、遺族、親族で行いましたが、今では

専門職の納棺士、復元士、湯灌士などと

言われる方がご遺族の依頼を受けて行います。

湯灌・納棺を行う場合、遺族親族などが集まり

行う方が多いようですが、

闘病生活が長かったりして、故人の

「顔など」を見せたくないと言う方も

少しずつ増えています。

事前に、葬儀社の方に申し入れしておけば、家族だけの

湯灌・納棺が出来ます。

綺麗に死に化粧が終わってから、親族の方々にご対面させてあげた方が、
良いと思います。

そんな心配りが出来る、葬儀社選びも必要ではと思います。
 90f49a95jpeg

家族葬専用式場
ファミリーホール白石

祭壇の写真

(問い合わせ先)
フリーダイアル 0120-892-506