北海道150年を切り取る 日本国内・北海道で最初の心臓移植

9月 1, 2018 in お墓・霊園, お寺, 北海道, 家族葬, 散骨, 日記, 海洋散骨, 神式, 納骨堂, 葬儀, 遺品処理

北海道150年を切り取る

1968年(昭和45年)北海道札幌医科大学病院で

日本国内で最初の心臓移植を、北海道札幌医科大学病院で1968年(昭和45年)

8月和田寿郎教授が、 海で溺れた男性(21歳)の

22.8-1心臓を、心臓弁膜症と

診断された男性(18歳)に

心臓移植しましたが、 男性は

その後死亡しました。

その後、移植の是非を巡り和田寿郎教授は

刑事告発されましたが、不起訴処分になりました。

その後、北海道内で心臓移植が行われたのは

2014年(平成26年)で45年後でした。

日進月歩進化する医療ですが、今では移植に

理解できる環境になりました。

和田寿郎教授始め、関係者の方々の努力が

現在に繋がっていると思います。合唱

 

家族葬・直葬・小樽沖海洋散骨・お墓じまい・葬儀保険

遺品整理・死後の委任業務のご相談は

札幌・白石区「ファミリーホール白石」まで

ところ:札幌市白石区北郷8条7丁目3-5
(札幌新道沿い・国道274号線)
ホームページ http://www.ceremony-kyodo.co.jp/
フリーダイアル: 0120-892-506(役に立つコール)