見送られ 見送る私達だから始めませんか。   終活元年「マイ終活」を       (一社)終活支援センター

1月 3, 2018 in NPO活動, お墓・霊園, お寺, ペット葬, 介護, 北海道, 家族葬, 密葬, 形見分け, 散骨, 日記, 死後の手続, 海洋散骨, 生前予約・生前契約, 神式, 納骨堂, 葬儀, 葬儀のマナー, 葬儀の保険, 遺品処理

見送られ 見送る私達だから始めませんか。終活元年「マイ終活」を

年が明けて、新しい気持ちで今年一年元気で、つつがなく過ごす

ことができれば、と願う新年ではと思います。

人は生まれてから、死に向かって歩んでいます。

人に依っては「ゆっくり」か「駆け足」で向かっています。

男女余命80歳を超える長寿日本ですが、自分の叔父、叔母、

両親を見送り、自分の番になると、子供、孫達に見送られる。

こんな繰り返しですが、中には「逆縁」で親が子供を見送る

悲しい別れも有ります。

ただ、昨今結婚しない方、少子化現象で子供のいない人達のなど、

見送りの光景が変わりつつあります。

元気な時にこそ、ライフデザインを描きたいとおもいます。

若いときには考えられなくても、還暦を過ぎると「老・病・死」は

感じざるを得ないし、避けたい気持ちですが、間違いなく近寄って来ます。

もしもの時に、役立つ終活を勧めませんか。
札幌市内の葬儀社に行きパンフレット集めも終活かな

銀行の預金通帳の整理を忘れないうちに

終活は今の、気づきと、行動がスタートでは

生前整理すると、山ほどの整理するのが見えてきますよ

ゆっくり 急いで終活をしませんか。

2018年貴方の終活元年にしませんか

一般社団法人終活支援センター

相談電話 フリーダイアル0120-892-279

ホームページ http://www.syukatsu.or.jp/

北海道で活動する「一般社団法人終活支援センター」の
「私の終活ノート マイ・エンディングプラン」、
お墓じまい、家じまい、身じまい 海洋散骨の
ご相談を受けています。
「終活ゼミナー」の講師派遣行っております。
お気軽にご相談ください。